平屋のすすめ | 人生がときめく平屋の新スタンダートを提供|群馬で新築、平屋の注文住宅を建てるなら前橋のシンクホーム

平屋のすすめ

かつての日本では当たり前のように建てられていた「平屋」。

実は、再び人気が出ています。
ライフスタイルの変化により、家族それぞれが個室を希望するのではなく、
お互いの存在を感じあいながら共に暮らすことを望む人が増えていることが人気の理由のようです。

平屋には当然2階というものは存在しません。
リビングや寝室、キッチン、バス・トイレなどがすべてワンフロアに集中しているため、
家族がどこにいるのか感じやすいのが特徴です。

かつてのように子供たちが自室にこもって時間を過ごすということが減り、
リビングで家族みんなが集まってそれぞれの時間を過ごすというライフスタイルを送る家族には、
かえってワンフロアで完結する家の方が暮らしやすいと言えます。

平屋が大ブーム? 働き方改革で要注意!

ここ最近というか昨年あたりから
大手の各ハウスメーカーさんが平屋の新商品プランを発表し、
平屋のモデルハウスを建て、大きく広告を打つなど
平屋の家づくりをあおっている感覚がありますが、いかがなものでしょうか?少し心配です。

弊社では以前よりずっと平屋の家づくりをお客様にお勧めしてきました。

ですが、すべてのお客様というわけではなく、やはりお客様の目指すライフスタイルや将来の夢、
そしてもちろん費用のこともありますので、必ずしもすべてのお客様が平屋で建築されているわけではありません。かといって平屋に住みたいという夢をあきらめていただいたわけではありません。

 

平屋でもない、二階建てでもない愛すべき日本の家
casa amare(カーサ・アマーレ)

シンクホームが生活スタイルとして平屋を勧める理由。
それは、何と言ってもまずは家族のつながり(いつでも気配を感じられるなど)を重視したこと、
コンパクトな大きさで気持ちが分かり合える距離感、家事動線、
将来的に無駄な二階がなく有効に活用できる、バリアフリー、
空間のつながりが温度差をなくすなどたくさんのメリットがあるからで、
やはり日本人の暮らし方(日本人のDNA)には平屋があっているのではないかと思えるからです。

 

自然体でモダン 軒の出の美しい平屋
casa basso (カーサ・バッソ)世代を引き継ぎ長く住まう家

でも、なんでもかんでも平屋がいいのかと言えば、もちろんそんなことはありません。

玄関にリビング、大きな収納、キッチン、寝室、子供部屋、書斎、
ベランダにウッドデッキと叶えたい夢は次から次へ出てきます。

もし仮に40坪(80畳)の広さが必要になったとすれば、平屋の場合一階部分で40坪!
畳を80枚ならべさらに建物の周りのスペースお隣さんとの距離が開けられ、
駐車スペース分(最低2台でしょうか)が確保できる土地が必要であります。
乗用車一台4、5坪くらいはほしいですね。

同じ40坪でも二階建てでしたら、一階の面積は20坪、畳40枚で済むのです。
家づくりの費用の中でも多くのコストをしめる、
基礎や屋根も20坪の家でしたらざっくりですが半分で済むのです。

仮に30坪のスペースが必要だとしたら、
30坪の平屋なら30坪+隣地との空間+駐車スペース分必要です。
二階建てなら15坪の1階+隣地との空間+駐車スペースで足りてしまいます。

大切なのは、あなたがどこでどんな暮らしをするのか、
家づくりにかけていい適切な予算はいくらなのか?ということです。

 

働き方改革で残業がなくなる!
残業代も見込んで住宅ローンを組んでいませんか?

流行っているからと平屋にあこがれ、安易に平屋に縛られずに、
家づくりの選択肢を広げたほうが、きっといい家が手に入ることでしょう。

あなたとあなたの家族のこれからの物語は?
叶えたい暮らしは?
子供のころ大好きだったことは?

家族のつながり(いつでも気配を感じられるなど)を重視したこと、
コンパクトな大きさで気持ちが分かり合える距離感、家事動線、
将来的に無駄な二階がなく有効に活用できる、バリアフリー、
空間のつながりが温度差を少ないなどなど、たくさんのメリットが得られる
平屋のコンセプトを実現できれば必ずしも平屋でなくてもいいはずです。

大切なのは、将来にわたって家族が安心して楽しく暮らせる家なのか、
いつまでも飽きのこない家であって、世代を引き継げるしっかりした住まいなのか、
あなたにとっての適切な予算なのかなどではないでしょうか?

例えば、大好きな本と読書コーナー、そこは家族が好きに集う場所

家族も増えたのでそろそろマイホームをと家づくりをスタートしてみたけど、
「何をどうしたらいいのか、何がいい家なのか、何が正解なのか、
実現したいライフスタイルって何だろう?
こんな大きなローンを組んでしまっていいのだろうかなどなど、
家づくりへの思い、叶えたい夢、不安などをもってご参加しております。

相談は無料です。まずはご予約下さい。

家づくりに成功したお客様は皆様
まずは無料の相談会に参加しております。

 

永年満足な平屋
casa piatto(カーサ・ピアット)

 

個室はいらない!

個室が孤室になっていませんか?
孤食をさせていませんか?

子どもに部屋をつくってあげました。

部屋というよりスペースですが。
家事コーナーとして作っておいたリビングの一角です。
ここで勉強するわけではありませんが、自分だけの
テリトリーが出来たことはうれしいみたいです。

 

わが家の場合は、リビングもダイニングもキッチンも
全て同じ空間にあって、
そこが全て子ども部屋みたいになっております。
そこで一緒に食べて、いっしょに過ごすことが
大事かなと思います。

「個室、個食がいかん。
極端なこと言うと
子どもに個室なんかつくってやるから、
みんなだめになっちゃんうんだな。
家の中でも個室があるから
親や兄弟と距離が出来てしまって、ふれあいがなくなる。

個室で育って自分を隠すから、
仲間同士でもふれあいがなくなってしまうんだ。」

と、世界一の棟梁といわれる
小川三夫さんの著書
「不揃いの木を組む」のなかにもあります。
人材育成の哲学ではないでしょうか。

シンクホームの家づくりについて
http://gunma-home.ecoshinku.com/blog/cat24081371/index.html

誰のため何のため?家づくりで大切なこと。

ここで私、神久のことを少しだけお話しします。
私は父が経営する電気店の三男として生まれました。

当時、現在のような量販店はなく、家電はすべて地域のお店での購入という時代で、
従業員も雇用していたとても勢いのあるお店でした。
父は社長や会長などと呼ばれ、日中はお客さんや取引先が入れ代わり立ち代わり・・・

続きは、家づくりで大切なこと

シンクHOME
お問い合わせは今すぐ!0120-8564-49
お問い合わせフォームはこちら

この記事をご覧になった方は、こちらの記事も見ています

小さく建てて大きく育てる家。

自然素材を基本に、
最高の快適を 「自由設計」で、オーナー様の個性を。
そしてなにより、小さく建てて大きく育てる、
家族の幸せも大きく広がる家づくりをご提案いたします。

なぜ安くて良い住宅なのか!!

当社の住宅が安くて良いのには理由があります。
それには大きく分けて3つの秘密が隠されています。

本物の自然素材

シンクのチョイスする素材は、時代に流されない本物の自然素材。
夏涼しく、冬暖かい、そして空気がきれい。
湿度がコントロールされた心地よい家。
無垢材とウールが快適な空間をつくり出します。

安全・安心の家を全力で実現します。

無垢材をふんだんに使った、安全設計はもちろん、
内装や塗料まで、こだわり抜いた素材で、
生涯安心の住まいをお届けします。

担当者がプランづくりから引き渡し・アフターまで

シンクHOMEでは原則、
一担当者(セールスエンジニア)がプラン作りから工事の打ち合わせ、
工事の現場監督として、商品の発注、工程の管理、現場のチェック、
工事の完了確認、お引渡し、アフターメンテナンスまで行います。

家づくりで日本の山を守る(近くの山の木で家づくり)

日本は国土の67%、約2500万haの森林面積を持つ世界有数の森の国です。
ところが、日本の木造住宅で使われる木は、80%近くが輸入材です。