床暖いらず!スリッパ、床暖房は必要なし!熱しやすく冷めやすい家? | 人生がときめく平屋の新スタンダートを提供|群馬で新築、平屋の注文住宅を建てるなら前橋のシンクホーム

床暖いらず!スリッパ、床暖房は必要なし!熱しやすく冷めやすい家?

弊社では床材には杉の厚板フローリング30mmや15mmを使います。(推奨しています)

合板フロアー(表面だけ板を張ったフローリング)はもちろん、無垢の床材でも
ナラやカバといった広葉樹のフローリングの上に裸足で過ごしていると足裏が痛くなってきます。

でも、厚みの杉板の場合は違います。
ずっと裸足でいられます。ごろごろしても気持ちいいです。
だから、子供たちはゴロゴロやります。(高崎市S邸)

家づくりで使う素材の熱の伝わりやすさ(熱伝導率)を比較すると、
アルミ236、鉄は90、ガラスは1、木材0.2、空気0.024。

数字の高いアルミや鉄は熱しやすく冷めやすい
だから、フライパンやポットはアルミや鉄製品ですよね。
0.2である木材は温めにくいが冷めにくいのです。
しかし、いったん温まると冷めにくいのです。それは何故か?

こちらの画像を見てください。杉を顕微鏡で見た画像です。

(出典:兵庫県立農林水産技術総合センター 森林林業技術センター)

 

杉は顕微鏡の画像(出典:兵庫県立農林水産技術総合センター 森林林業技術センター)のように、無数のストローみたい模様があります。
これは杉のストローなんです。
杉が成長するために土から水と栄養を吸い上げるための管なのです。

このストローのような空間が無数の空気層を作っているから、
杉の床材は多くの空気をため込むことが出来て、温かいのです。
さらに、一度温まると冷めにくいのです。

窓ガラスでわかる通り、ペアガラスやトリプルサッシ、カーテンと
空気層が多いほど温かいものです。断熱性能が高いです。
だからスリッパも床暖房も必要ありません

これは昔住んでたアパートの床です。
夏はべたべた汗がはりついて気持ち悪い熱しやすく、冷めやすい床ですね。

冬温かいからと言って、夏が暑いというわけではありません。

その優れた調湿性能で表面はサラサラ!裸足で、
ビニールシートの床や合板フロアー(表面だけ板を張ったフローリング)と比べてみれば
その気持ちよさは一目瞭然です。

何かに触れると人間の体温は触れた場所から熱が急速に奪われていきます。
アルミや鉄は体温を奪います。
木は、体温を奪われにくく温かく感じるということなのですね。

アトピーキラー!を採用

「アトピー・キラー 森呼吸」八溝杉を扱う製材メーカーの杉内装材ブランドです。

日本の気候風土で育った天然杉です。
生産地は数ある国産杉の中でも有名な八溝杉(おもに茨城県北部)を加工して作った商品です。

「アトピー・キラー」という名のとおり、無害な「健康素材」を使い、
緻密な二段階乾燥から、より自然に見せる埋め木補修の技術に至るまで、
一貫して素材と品質にこだわりをもち、作り上げた安全で安心できる商品です。

木は抗菌・殺菌効果があり、紫外線を吸収し、目を保護したり、
水分を補給し、お部屋の空気を調整します(調湿効果)。

とくにアトピー・キラーのようなやわらかい杉ほど、調湿効果は優れています。

このようなことから、アトピー・キラーは一般住宅から公共建築、
地元の保育園等、使用実績はさまざまです。

また、杉やヒノキには優れた抗菌効果、ダニや微生物の増繁殖をおさえる効果もあります。

インフルエンザによる学級閉鎖率が鉄筋コンクリート校舎は
木造住宅校舎に比べ約2倍という調査報告もあるのです。(財 木造技術センター)

 

(渋川市T邸)

何にでもすぐ興味を持ちますが、飽きっぽいのが私の悪いところでもあり、
良いところであります。

技術の変化が日進月歩どころではなくなってきている中で、変化をしっかりとらえ、
時代に合うもの、未来の生活を幸せにするものなどなど、
凄まじいテクノロジーの進化の中、取入れる物、事、変えてはいけない物、事を見極め、
ご縁をいただいたお客様にその時のベストな提案を考え精進しております。

そして、杉のように人にやさしく温かく、ふわっとした、
やわらかく、さわやかな人間になりたいなんて思っています。(どんな人?)
シンクホームはそのような形で家づくりを提案しております。

お客様インタビュー

お引渡しから約一年、遊びに来てくださったI様に住まい心地をインタビュー。
「床暖房をと思っていましたが、必要ないよって言われ採用しませんでしたが正解でした」

「つい薄着のまま外へ・・・」ゼロエネの平屋へ住まいの 前橋のI様インタビュー(群馬の平屋)

施工例はこちら

前橋市 I様邸:光熱費ゼロな平屋 野山を走る アクティブファミリーの家「自然素材でつくるゼロエネの家」

シンクHOME
お問い合わせは今すぐ!0120-8564-49
お問い合わせフォームはこちら

この記事をご覧になった方は、こちらの記事も見ています

小さく建てて大きく育てる家。

自然素材を基本に、
最高の快適を 「自由設計」で、オーナー様の個性を。
そしてなにより、小さく建てて大きく育てる、
家族の幸せも大きく広がる家づくりをご提案いたします。

なぜ安くて良い住宅なのか!!

当社の住宅が安くて良いのには理由があります。
それには大きく分けて3つの秘密が隠されています。

本物の自然素材

シンクのチョイスする素材は、時代に流されない本物の自然素材。
夏涼しく、冬暖かい、そして空気がきれい。
湿度がコントロールされた心地よい家。
無垢材とウールが快適な空間をつくり出します。

安全・安心の家を全力で実現します。

無垢材をふんだんに使った、安全設計はもちろん、
内装や塗料まで、こだわり抜いた素材で、
生涯安心の住まいをお届けします。

担当者がプランづくりから引き渡し・アフターまで

シンクHOMEでは原則、
一担当者(セールスエンジニア)がプラン作りから工事の打ち合わせ、
工事の現場監督として、商品の発注、工程の管理、現場のチェック、
工事の完了確認、お引渡し、アフターメンテナンスまで行います。

家づくりで日本の山を守る(近くの山の木で家づくり)

日本は国土の67%、約2500万haの森林面積を持つ世界有数の森の国です。
ところが、日本の木造住宅で使われる木は、80%近くが輸入材です。