性能について HEAT20 G2、G1? | 人生がときめく平屋の新スタンダートを提供|群馬で新築、平屋の注文住宅を建てるなら前橋のシンクホーム

シンクHOME

性能について HEAT20 G2、G1?

  • 耐震等級3
  • 断熱性能Ua値 0、43
  • 気密性能 C値0,3
  • 前橋市の区分・6地域 G2

上の数字は安中市磯部のお客様邸平屋実測値であります。

いま話題の高断熱高気密の家づくり。
住まいの性能向上に欠かせないのが断熱材など建築材料のコストアップ。

国の基準を上回るHEAT20基準(詳しくは検索して下さい)
中でもG2グレードを達成しようとする場合、
多くの業者さんは断熱材を二重する事で性能向上を行なっております。

断熱材を二重にするサッシをより高性能な商品にすることで簡単に数値はクリア出来ます。
でも材料費はもちろんの事、壁厚も必要になり、施工方法も複雑になります。
コストアップだけでなく、雨仕舞い等のリスクも高くなります。(もちろん付加断熱してもしっかり施工すれば全く問題ありません)

ですが、付加断熱を必要としないので高性能の家づくりが出来たらどうですか?
シンクホームでは性能アップのための安易な付加断熱や見栄えや差別化だけのための換気システムの設置などはおすすめしません。

  • 安心安全な素材であり高性能の住まいの実現
  • コストバランスとデザイン性
  • 私たちにしか出来ない
  • 商品化住宅と建築家の家づくりで可能とした
  • 自然素材のつくるシンクホームの高性能住宅

シンクホームではHEAT20のG1基準を推奨しております。

シンクホームでは、費用対効果含め“ちょうどいい性能の家を”、コストバランスを考えた高気密・高断熱の平屋を提案いたします。

そもそも断熱性能が高いと何が良いのでしょうか?
イメージとしては、外の環境から、室内の環境を守るというような感じでしょうか。
断熱性能は、壁や天井などの断熱材や窓のガラス、サッシなどで変わります。
冬場の冷たい外気でも家自体が冷えないように。また、夏の日差しなどからも室内が熱くなりすぎないように。
断熱性能が高いと、冬寒くなく・夏には熱すぎずに、快適に過ごすことが出来ます。
そして、室温等室内の環境が一定に保たれる為、冷暖房費が抑えられるということになります。
断熱、気密についてのもう少し詳しい話が、下記になります。

C値?UA値?

【C値】とは

宅の気密性能を表す数値で、家のすき間がどのくらいあるのかを数値で示したものです。
測定による外壁、床、天井などにあるすき間の総面積(㎠)を延床面積(㎡)で割って求めます。
数値が小さければ小さい程、住宅の気密性能が高いと言えます。
H11省エネ基準には寒冷地では2.0以下、その他地域では5.0以下という基準が定められていました。
(H25省エネ基準からはC値の設定については削除されています。)
気密性能が高いと内気の流出や外気の侵入を防ぐことが出来、壁内結露の予防や効率的な換気等の効果が期待出来ます。

【UA値】とは

住宅の断熱性能を表す数値です。いくつかある断熱性能基準を測る為の数値でもあります。
窓や壁、床、天井などから逃げる熱量の割合を計算したもので、数値が小さい程、断熱性能が高いと言えます。

HEAT20(ヒート20)って何?

住宅の断熱性能を示す基準の一つ
厳密には【一般社団法人20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会】のことで、その頭文字をとってHEAT20としている。
性能の基準としてG1とG2の二つを設定しており、国が提唱している次世代省エネ基準と比べ、明らかに高水準の断熱性能

断熱性能の基準には地域区分というものがあります。

例えば北海道などの寒冷地と関東の都市部を比べて、環境が全然違いますよね?
その為、地域性毎に区分を設けて、区分毎に異なる規定のUA値があります。

群馬県内では以下のように分かれています。

群馬県内の省エネ基準・地域区分
2地域
嬬恋村、草津町、片品村
3地域
上野村、長野原町、高山村、川場村
4地域
高崎市(一部)、桐生市(一部)、沼田市、神流町、南牧村、中之条町、東吾妻町、昭和町、みなかみ町
5地域
桐生市(一部)、渋川市、富岡市、安中市、みどり市、榛東村、吉岡町、下仁田町、甘楽町、板倉町
6地域
前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、館林市、藤岡市、玉村町、明和町、千代田町、大泉町、邑楽町
図b

区分毎のUA値の基準については、以下を参照ください。

断熱性能・基準別のUA値

最低体感温度』とは、
冬の最も寒い日でも室内の温度がHEAT20 G1だと『13℃』、HEAT20 G2だと『10℃』に感じられるということ。

シンクホームの断熱性能は、おおむね次世代省エネ基準からHEAT20 G1あたりを設定しております。
暮らしやすさとコストのバランス、自然素材のぬくもりを感じることが出来る“ちょうどいい性能の家”となります。

しかし、一番大事なのは皆様の“想い”です。
どんな家にしたいのか?漠然としたイメージから性能などの数字上のことまで、しっかりと相談させて頂きます。

まずは無料相談会へお越しください。

シンクHOME
お問い合わせは今すぐ!0120-8564-49
お問い合わせフォームはこちら

この記事をご覧になった方は、こちらの記事も見ています

小さく建てて大きく育てる家。

自然素材を基本に、
最高の快適を 「自由設計」で、オーナー様の個性を。
そしてなにより、小さく建てて大きく育てる、
家族の幸せも大きく広がる家づくりをご提案いたします。

なぜ安くて良い住宅なのか!!

当社の住宅が安くて良いのには理由があります。
それには大きく分けて3つの秘密が隠されています。

本物の自然素材

シンクのチョイスする素材は、時代に流されない本物の自然素材。
夏涼しく、冬暖かい、そして空気がきれい。
湿度がコントロールされた心地よい家。
無垢材とウールが快適な空間をつくり出します。

安全・安心の家を全力で実現します。

無垢材をふんだんに使った、安全設計はもちろん、
内装や塗料まで、こだわり抜いた素材で、
生涯安心の住まいをお届けします。

担当者がプランづくりから引き渡し・アフターまで

シンクHOMEでは原則、
一担当者(セールスエンジニア)がプラン作りから工事の打ち合わせ、
工事の現場監督として、商品の発注、工程の管理、現場のチェック、
工事の完了確認、お引渡し、アフターメンテナンスまで行います。

家づくりで日本の山を守る(近くの山の木で家づくり)

日本は国土の67%、約2500万haの森林面積を持つ世界有数の森の国です。
ところが、日本の木造住宅で使われる木は、80%近くが輸入材です。

公式Line登録はこちら