インテリアにも収納にも妥協を許さない平屋の住まい!「casa piatto(カーサ・ピアット)」の魅力とは | 人生がときめく平屋の新スタンダートを提供|群馬で新築、平屋の注文住宅を建てるなら前橋のシンクホーム

シンクHOME

インテリアにも収納にも妥協を許さない平屋の住まい!「casa piatto(カーサ・ピアット)」の魅力とは

インテリアにも遊び心を施すことで、その空間には温かさが生まれ、一気に過ごしやすくなる。また、収納は、快適に暮らし続けていく上で欠かせないスペースである。「casa piatto(カーサ・ピアット)」は、この二つのポイントを両方とも兼ね備えた、ある意味贅沢な空間だと言えるだろう。居心地の良さを追求しているのであれば、検討しておきたい住まいである
通常を大幅に超える収納量

casa piattoの収納スペースは、プランによって異なる場合もあるが、基本的に家全体の約15%を占めている。マンションの場合、この収納スペースは6~7%と言われている。つまり、平均の倍以上の収納スペースを確保していることになるのだ。長い間住み続けていく上で、どうしても物は増えていってしまう。収納スペースが少ないと、居住空間である部屋の中にどんどん物が溢れてしまうため、こまめに廃棄したり、譲ったりといった作業が必要になってくるだろう。十分な収納スペースが確保できていれば、物が増えても安心だ。家族の思い出と共に、暮らし続けていくことができるだろう。

掘り込み天井で豊かな空間に

LDKの天井には、30センチの高低差を活かした掘り込み天井がつくられている。基本的に天井の高さは2.4メートルあり、そこからさらに30センチ折り上がるため、開放感が感じられる空間になっているのだ。また、掘り込み天井があることで、間接照明の光が柔らかくLDKの中を広がるように。陰影が出ることで表情が生まれ、豊かな空間をつくり出しているのだ。真っすぐな平天井のインテリアでは、このような雰囲気は出ない。casa piattoの遊び心が加えられたLDKで、居心地の良さを感じることができるだろう。

外への広がりを感じさせる軒

平屋のメリットは、外とのつながりが強い事である。casa piattoではそのメリットをさらに強めるために、屋外の軒天井をリビングの天井と同じ色合いにしている。部屋の中に立つと、窓の高さが高いため、まるで室内の天井がそのままずっと外まで続いているような錯覚を覚えるだろう。内と外との境界を曖昧にし、家の中にいながら、外の自然を楽しめるようになっているのだ。また、壁の存在を感じさせないため、実際よりも空間を広く感じることができるだろう。

casa piattoと共に暮らしを紡ぐ

居心地の良さを追求した住まいは、もしかしたら平屋なのかもしれない。無駄な部分を究極まで削ぎ落し、ひとつひとつを追求することで、豊かな空間にアップデートできているのだ。全てのことに意味を持たせ、追求した「casa piatto(カーサ・ピアット)」は、そんな最強の住まいを望む人たちにとって、最強のパートナーとなってくれるだろう。

2021年12月16日 | カテゴリー:
シンクHOME
お問い合わせは今すぐ!0120-8564-49
お問い合わせフォームはこちら
公式Line登録はこちら