家を長持ちさせる方法 | 人生がときめく平屋の新スタンダートを提供|群馬で新築、平屋の注文住宅を建てるなら前橋のシンクホーム

家を長持ちさせる方法

家を長持ちさせる方法です。 オーナー様向け

日本の住宅寿命は30年以下と言われています。

対して、欧米諸国は70年〜140年程度。

ヨーロッパの美しい街並みを見たことがありますか?

なぜ美しく感じるかというと、統一感のある調和された街並みが続いているから。

日本でも、京都や奈良に見られる昔ながらの街並みの景色は美しいですよね。

年数が経つほど価値があがる欧米では、住宅は貯金箱となるのです。

しかし日本は、家を買うと「住宅貧乏」。

貧しくなってしまうのです。

この差は、耐久性とメンテナンスの違いです。

あなたの新しい住まいは、ぜひメンテナンスで長持ちさせましょう。

最近は長期優良住宅が増えていますが、的確なメンテナンスをしないと、寿命は短くなります。

地域や暮らし方によっても、傷み具合は変わってくるので、こまめにチェックすることが大切です。

今、日本にある住宅の13%は空き家だと言われています。

これからも増えると予想されているんですよ。

ということは、中古住宅を買う人は、より厳しく選別するようになります。

いずれあなたの家を売買する予定なら、行きとどいたメンテナンスをすることで、資産価値を維持できます。

ところで、新しい家に入った時は「このきれいさをいつまでもキープするんだ!」とお掃除やメンテナンスにも気合が入ることでしょう。

これからは、その家で長く快適に皆が暮らしていけるように、家の手入れやメンテナンスについて考えることが大切になってきます。

 

適切なお手入れは、不具合や痛みなどの問題点の早期発見につながります。

でも、ただ漠然と「お手入れ」といっても何をどうすればいいか分かりませんね。

普段どおりの掃除だけじゃダメなの?と思われるかもしれません。

コツは、ポイントをおさえておくこと!

問題点を先取りして見つけられるよう、いくつかのポイントをお伝えします。

といっても、そんなに大変なことではありませんよ。

新しい住まいの生活を楽しみながら、定期的にチェックできます。

そのためには、家族の協力は不可欠です。

皆が楽しく暮らせる家を少しでも長持ちさせるよう、皆でいたわってあげましょう。

新しい住まいではきちんと掃除するぞ!と最初は意気込んでいても、日が経つにつれ・・・となりがちです。

そんなことにならないように、押さえどころを理解して普段から効率よく掃除し、楽しい我が家を長く快適に住めるよう、守りましょう。

 

新しい家で生活していて、何か困ったことはありませんか?

少しの不便も、積み重なるとだんだん不満となってしまいます。

もし気になることがあったら、ささいなことでも相談に乗ります。

 

 

さて、住まいを長持ちさせるメンテナンス、まず大切なことは定期的な点検です。

新築の場合は、定期的に点検に来るサービスもありますが、だから安心、と任せっきりにしてしまってはダメですよ。

そのお家はもう、あなたとあなたの家族のもの。

オーナーさんがしっかり守らなければいけないのです。

もちろん、万全にフォローしますので、どうぞご安心を。

住み始めてから気が付くことってたくさんあります。

どれだけ打合せをしっかりしても、入居前に点検しておいても、実際住んでみないと分からないことは多いのです。

ですから、小さなことでも気付いた時にはすぐにメモをしておきましょう。

業者が次回点検に来た時に、「ここが気になるんだけど・・・」と相談しましょう。

場合によってはすぐに直すことは可能です。

2019年11月27日 | カテゴリー:
シンクHOME
お問い合わせは今すぐ!0120-8564-49
お問い合わせフォームはこちら