家を建てるなら「平屋」と決めていた  ※#casa 編集部より | 人生がときめく平屋の新スタンダートを提供|群馬で新築、平屋の注文住宅を建てるなら前橋のシンクホーム

家を建てるなら「平屋」と決めていた  ※#casa 編集部より

 

“平屋愛”がすごくて「casa basso(カーサ・バッソ)」を選んだ福田さんご一家。のお話

 

https://hash-casa.com/2018/06/04/casabassolove/

 

家を建てるなら「平屋」と決めていた

外観の美しさと内観のかっこよさ

家を建てるなら「平屋」と決めていたというご主人の福田健一さん。

「じつはもともと別の平屋のモデルハウスを先に見に行っていて、それにしようかと考えていたんですが、そのあとでbassoを見に行ったら、“これだ!”となったんです。bassoの外観の美しさと内観のかっこよさに惹かれました」とご主人の健一さんは語った。

奥さまの佑梨さんもご実家が平屋ということもあってか、平屋を建てることに大賛成だったそうだ。

「実家の平屋の住み心地がよかったんです。いろいろ家を探していたときも、とにかくシンプルに暮らしたいな、というのがあって、だったらやっぱり2階はいらないかなと思いました」と佑梨さんは話してくださった。

そもそもご主人の健一さんはどうしてそこまで「平屋」にこだわったのだろうか。

「昔からあこがれていたというのもありますが、平屋のコンパクトさがすごくいいなと。家族の距離が近いですし、庭との距離も近くて、すぐに庭に出られるのもうれしい」

 

平屋での暮らし

ご主人の健一さんは実際の平屋での住み心地をこんなふうに語ってくれた。

「とくに気に入っているのは、この4メートル以上ある天井の高さですね。部屋が広々と感じられて、すごく気持ちがいいです。エアコンの効きも速いですし、エアコンを切ったあとでも、しばらく涼しいままなのでとても快適に過ごせています」

一方、佑梨さんは平屋、あるいはbassoでの暮らしにおいて、日常のなかに新しいよろこびを見出したそうだ。

続きは#casa で

 

 

 

 

群馬県太田市で建築中、S様邸 美しい平屋 プロジェクトはこちら

https://www.ecoshinku.com/project_cat/s%E3%81%95%E3%81%BE%E9%82%B8%E3%80%80%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E5%B9%B3%E5%B1%8B

 

 

2018年06月7日 | カテゴリー:
シンクHOME
お問い合わせは今すぐ!0120-8564-49
お問い合わせフォームはこちら