幸せになる子ども部屋の在り方・考え方 | 群馬で新築、平屋、注文住宅を建てるなら群馬、前橋のシンクホーム

シンクHOME
フリーダイヤル 0120-8564-49

幸せになる子ども部屋の在り方・考え方

「子ども部屋ではなく、
 食卓で勉強している子の方が、成績が良い!」

という調査結果を聞いたことがありますか?

マスコミなどでも取り上げられましたが、
私も子ども部屋に関して
同じ考えを持っています。

子ども部屋=勉強部屋になるかといえば、実際は違います。

親は、
「個室を与えれば、頑張って勉強するだろう!」
と思って子ども部屋を用意します。

しかし、
その通りになることは少ないようです。

なぜなら、
子ども部屋を与えることで、
しつけが不十分になる場合が多いからです。

人は誰もが楽な道を選ぶものです。
子どもなら、
なおさらです。

そこで、
自立した子に育てるためには、
まず、子どもに対する教育方針や
価値基準を考える必要があります。

その上で、
「子ども部屋を与えるのか、それとも与えないのか?」
「与える場合はどういうかたちで与えるのか?」
ということを考えてください。

また、
ほとんどの家のプランが、
子ども中心になっています。

展示場にいくとそれが顕著です。
基本プランも子ども中心です。

それを、ちょっと思い浮かべてください。

子ども部屋が、
二階で東南の角部屋にありませんか?

更に、
必ずと言っていいほどベランダが付いています。

家の中で一番いい子ども部屋が、いずれそのまま使わない部屋になってしまうのはもったいないと思いませんか?

明るくて温かく、
見晴らしが良い。
家の中で一番いい場所です。

そこで質問です。
その子ども部屋、
一体何年使われますか?

実は、長くても20年です。
通常は、
10年から15年。

ところが、
子どもが巣立った後に親たちは、
最低でも20年、
長ければ30年、40年生活します。

そうであれば、
家を建てる時、
子ども中心ではなく、
夫婦のことも大切にした家づくりを考える事も重要
です。

  • 夫婦の寝室は最も居心地のいい場所に
  • 部屋は高級ホテルのような寝室

夫婦の部屋にお金をかけることも考えてください。

子ども中心ではなく、夫婦のことも大切にした家づくりを考える事も重要です。

また、子ども部屋の代わりに、
ご主人用の書斎、
奥さん用の家事室、
をつくって工夫することも出来ます。

子どもには、
勉強する時期にその部屋を貸すのです。

そうすれば、
スペースを有効利用できます。

すると、予算が有効に使えて、
楽しい生活をすることができるのです。

それでも、
子ども部屋を大切にしたい方へ!

立派な大人に育てるために、 気をつけるべき6つのポイントをお伝えしましょう。

子どもの教育方針、家族のコミュニケーション、プライバシーなど、家族のあり方が間取りになるように考えたいものです。

1つ目は、使っている建材です。
建材を害の無いものにしてください。

2つ目は、間取りです。
独立した子ども部屋を作るよりは、
家族中心の間取りにしてください。
快適な子ども部屋を優先すると、 居心地が良いので、 子どもはそこへ入って出てきません。

接触機会が少なくなるので、
コミュニケーションが取れなくなります。

3つ目は、子どもの教育方針を決めることです。
それに基づいて、
子ども部屋をどうするかを決めてください。

4つ目は、夫婦の寝室を快適にすることです。
夫婦の寝室を快適にすれば、
夫婦円満になるわけです。
その時には、
夫婦別寝室も一つの選択肢です。
ゆっくり休める空間は明日への活力です。

夫婦喧嘩ばかりしていたら、
子どもにも悪影響を及ぼします。

5つ目は、バス、洗面、トイレを夫婦の寝室の近くにすることです。
広くてゆったり、
そして快適に使えるようなものにしてください。
これも高級ホテルのつくりが参考になります。

6つ目は、家族一人ひとりの確立です。
家族が集う場所も必要ですが、
一人ひとりの
プライバシーを守りたくなる時間も必要です。

もし、
お父さんが家計を支える大黒柱であれば、
時にはひとりでいられる空間が必要です。

そして、
それはお母さんやお子様も一緒です。

子どものプライバシーも尊重できる家づくりをしてください。

これらが、
子どもを良い子に育てる6つのポイントです。

実際に建てた住まいで、
子ども部屋の間仕切りのないプランも増えています。

ご希望でしたら
私の家の子ども部屋(というよりキッチン横に子どもコーナー)
ご覧ください。

先ずは無料相談会へお越しください。

シンクHOME
お問い合わせは今すぐ!0120-8564-49
お問い合わせフォームはこちら

シンクHOMEの家づくり

小さく建てて大きく育てる家。

自然素材を基本に、
最高の快適を 「自由設計」で、オーナー様の個性を。
そしてなにより、小さく建てて大きく育てる、
家族の幸せも大きく広がる家づくりをご提案いたします。

なぜ安くて良い住宅なのか!!

当社の住宅が安くて良いのには理由があります。
それには大きく分けて3つの秘密が隠されています。

本物の自然素材

シンクのチョイスする素材は、時代に流されない本物の自然素材。
夏涼しく、冬暖かい、そして空気がきれい。
湿度がコントロールされた心地よい家。
無垢材とウールが快適な空間をつくり出します。

安全・安心の家を全力で実現します。

無垢材をふんだんに使った、安全設計はもちろん、
内装や塗料まで、こだわり抜いた素材で、
生涯安心の住まいをお届けします。

担当者がプランづくりから引き渡し・アフターまで

シンクHOMEでは原則、
一担当者(セールスエンジニア)がプラン作りから工事の打ち合わせ、
工事の現場監督として、商品の発注、工程の管理、現場のチェック、
工事の完了確認、お引渡し、アフターメンテナンスまで行います。

家づくりで日本の山を守る(近くの山の木で家づくり)

日本は国土の67%、約2500万haの森林面積を持つ世界有数の森の国です。
ところが、日本の木造住宅で使われる木は、80%近くが輸入材です。