安全な予算を知る      自然素材でちょっとかっこいい家つくっている群馬の住宅会社です

PROJECT(幸せな家づくり計画のために)

安全な予算を知る      自然素材でちょっとかっこいい家つくっている群馬の住宅会社です

前回の話では、何が問題だったのでしょう?

それは「選択肢が少ないこと」でしたね。

たくさん調べる人でも、せいぜい5%程度です。

さらに問題はあります。

それは、情報発信している業者の情報しか入ってこないことです。

住宅展示場がある、見学会をしている、広告宣伝をしていて、営業マンがいる。

また、ホームページを開設している。

そういう業者しか知り得る機会がありません。

実は、情報発信している会社は、全体の20%以下でしょう。

人口100万人だと、200社以下ですね。

だから、残りの800社は、展示場はおろか見学会を開催したことがない。

また、広告宣伝をしないし営業マンもいない業者です。

でも、情報発信してないところに、意外と優秀で信頼のおける業者がいるんですよ。

そして、多くの人は、そんな業者に巡り合うことなく家を建てているんです。

良い業者と巡り合う方法はいずれお話いたします。

では早速、住まいづくりの正しい手順についてお話します。

まず最初は、「安全な予算を知る」です。

そう、お金をいくら用意できるかを計算することです。

その前に知っておいて頂きたいのですが、家を建てる目的です。

実は、家を建てることを目的にすると失敗します。

なぜなら、新居で、自分と家族が将来に渡って健康で楽しい生活を送ることが願いのはずです。

なのに、立派できれいな家が建ったが、切り詰めた生活をしていく中で、夫婦喧嘩が起きたり。

これでは、家を建てた意味がありませんよね。

建てた甲斐が無いといいますか…。

だから一番目は、安全な予算を組むことです。

建てる前よりも生活水準が上がることが理想ですね。

もし、ゆとりある予算を組むことができれば、楽しい生活が送れますよね。

しかし、多くの人は限界の予算を組んでいます。

目一杯、借りれるだけ借りて家を建てています。

だから、一つ歯車が狂うと返済が滞ってくるわけですね。

そうならないために、安全な予算を立てて下さい。

住まいづくりの正しい手順の二番目は、自分自身を知ることです。

本当に自分が欲しいものは何か?

それを知ることです。

情報過多の時代です。

「なんか感じがいいな」とか「自分にとって良さそう」…そんな感情に惑わされます。

ですから、本当に必要なもの、どうしても欲しいもの、それを自分で知ると言うことですね。

あなたにとってに本当に必要なものを知る方法は、次回お話します。

 

なるほど納得!失敗しない家づくり全30回

無料メルマガセミナーは

こちらから

お名前、メルアドだけで

簡単登録 ☟

失敗しない住まいづくりの秘訣教えます。

 

2018年10月3日

幸せな家づくり計画のために 前置き     自然素材でちょっとかっこいい家つくっている群馬の住宅会社です

今日から、「失敗しない住まいづくりの秘訣 総集編」と言うテーマでお送りします。
その内容は、

・前置き
・正しい住まいづくりの手順
・失敗しない資金計画
・失敗しない住まいづくり
・病気とお家の不思議な関係
・良い子に育つ住まいづくり
・土地選びの秘訣
・業者選びの秘訣
・まとめ

で、構成されています。

では、「失敗しない住まいづくりの秘訣 総集編」の始まりです。

幸せな家づくり計画さん、今日は、前置きから。

私の意見ですが、物事全てには正しい手順があります。

手順を無視すると、ほぼ失敗します。

同じことが、住まいづくりにも言えます。

手順を守らないと、後で後悔することになります。

そして最もよくある間違いは、いきなり展示場や見学会に行くことです。

何も準備もせず、結論を求めようとしている。

それが大きな問題です。

なぜ私がそのように思うようになったか?

それは、お客様の経験をお聞きしたからです。

ほとんどの方が、同様の手順で住まいづくりを行っていました。

総合展示場に行き、出店しているメーカーを見て回ります。

また、見学会にも出かけて行きます。

もちろん、インターネットで調べたり、住宅雑誌を読んだりします。

しかし、それが間違いだったんです。

幸せな家づくり計画さん、なぜ間違いなのでしょうか?

例えば、50社から直接話を聞けば、それで十分調べたつもりになりますよね。

しかし、それでも満足のいく家づくりはできないんです。

住まいづくりの手順を間違えると、うまくいかないんです。

では、何が問題なのか?

もし、50社比較検討するとしたら、かなり大変だと思います。

しかし、家を建てられる業者は、人口1,000人に対し約1社あります。

では、人口100万人だとしたら業者は1000社あることになります。

と言うことは、たとえ50社比較検討したとしても、1,000分の50。

そのたった5%の中から、自分にふさわしいと思う住宅会社を選ぶことになるわけです。

だから、残り950社は知らないまま、家を建てることになります。

続きは、次回。

では、また。

 

なるほど納得!失敗しない家づくり全30回

無料メルマガセミナーは

こちらから

お名前、メルアドだけで

簡単登録 ☟

失敗しない住まいづくりの秘訣教えます。

 

 

 

2018年10月2日
シンクHOME
お問い合わせは今すぐ!0120-8564-49
お問い合わせフォームはこちら