赤ちゃんは知っている  三つ子のたましい百まで 居は気を移す | 人生がときめく平屋の新スタンダートを提供|群馬で新築、平屋の注文住宅を建てるなら前橋のシンクホーム

赤ちゃんは知っている  三つ子のたましい百まで 居は気を移す

赤ちゃんは知っています。

いい家では赤ちゃんが元気にハイハイしだす。

 

 

気持ちい場所、気持ちいい床の上では

元気よくハイハイします。

子どもたちがゴロゴロできる住まいは誰にだって快適です。

今日は子育てが楽しくなる住まいについてです。

大切な家族とより幸せになるための住まいのあり方です。

三つ子の魂百までとあるように3歳までの接し方と住環境が人格形成に影響します。

赤ちゃんのためにも住まいを考えて!
子どもが出来たらこそすぐにいい家に住んで下さい。

居は気を移すと言う格言が言うように、

人はおかれた環境(住まい)の影響を大きく受けます。

空気の綺麗な家に越しらアトピーが改善したとか

高層マンションの子供は伸びないとのデーターもあります。

 

美しい家で美しい心が育つ
人に優しい家で育つと人に優しくなる
自然と近い平屋で育つ様々な好奇心

 

赤ちゃんのためにも住まいを考えて!
子ども出来たらこそすぐにいい家に住んで下さい。

触れる物、空気、

どんな環境で過ごすかが

大切なあなたの赤ちゃんに大きく影響します。

大切な家族とより幸せになるための住まいのあり方です。

三つ子の魂百までとあるように3歳までの接し方と住環境が人格形成に影響します。

 

先ずは、実際に子育てしている家族の住まいを見学できます。

無料で相談が可能です。

 

30代子育てオーナー様邸

見学会随時開催中

先ずは無料相談会へ 今すぐ!

 

 

 

三つ子のたましい百まで

誰でも知っている日本のことわざですね。

三つ子とは3歳の子ども

3歳ごろまでに形成された性格は100歳まで変わらない、

という意味を持ちます。

 

 

 

「居(きょ)は気を移す」

孟子(昔昔の中国の偉い人)の言葉です

『住む場所や環境が、その人に与える影響は大きい』

美しい家では美しい心が育まれる。

3歳頃までの親の接し方、住環境が人格形成に大きく影響されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家づくりで使う素材の熱の伝わりやすさ(熱伝導率)を比較すると、
アルミ236、鉄は90、ガラスは1、木材0.2、空気0.024。

数字の高いアルミや鉄は熱しやすく冷めやすい。
だから、フライパンやポットはアルミや鉄製品ですよね。
0.2である木材は温めにくいが冷めにくいのです。
しかし、いったん温まると冷めにくいのです。それは何故か?

こちらの画像を見てください。杉を顕微鏡で見た画像です。

(出典:兵庫県立農林水産技術総合センター 森林林業技術センター)

 

杉は顕微鏡の画像(出典:兵庫県立農林水産技術総合センター 森林林業技術センター)のように、無数のストローみたい模様があります。
これは杉のストローなんです。
杉が成長するために土から水と栄養を吸い上げるための管なのです。

このストローのような空間が無数の空気層を作っているから、
杉の床材は多くの空気をため込むことが出来て、

温かいのです。
さらに、一度温まると冷めにくいのです。

窓ガラスでわかる通り、ペアガラスやトリプルサッシ、カーテンと
空気層が多いほど温かいものです。

 

断熱性能が高いです。
だからスリッパも床暖房も必要ありません。

 

 

 

赤ちゃんが喜んでハイハイする家は

誰にだっていい家です。

 

30歳で建てた家が

大切に住めば

夫婦が年を

とっても安心して暮らせる家になります。

 

いえいえ

孫にだって引き継げる家になります。

 

 

 

人生100年時代

建てるなら

 

資産価値ある家を子供に残したい。

 

 

30代子育てオーナー様邸

見学会随時開催中

先ずは無料相談会へ 今すぐ!

CONTACT

 

2020年01月14日 | カテゴリー:
シンクHOME
お問い合わせは今すぐ!0120-8564-49
お問い合わせフォームはこちら