満足できる平屋かどうか      計算された間取りで手に入れる「casa piatto(カーサ・ピアット)」の快適な平屋暮らし    | 人生がときめく平屋の新スタンダートを提供|群馬で新築、平屋の注文住宅を建てるなら前橋のシンクホーム

満足できる平屋かどうか      計算された間取りで手に入れる「casa piatto(カーサ・ピアット)」の快適な平屋暮らし   

 

憧れのマイホームだとしても、無理をしたくはないという人は少なくない。20年30年と住み続けるのだから、無理をしない家づくりというのはとても重要なことなのだ。だからといって暮らしやすさを犠牲にしたくはない、そんな矛盾すると思われるような希望を叶えてくれるのが、「casa piatto(カーサ・ピアット)」の平屋という選択だ。いったいどういうことなのだろうか。

平屋を希望する人が増えている

かつての日本では当たり前のように建てられていた「平屋」、実は再び人気が出ている。ライフスタイルの変化により、家族それぞれが個室を希望するのではなく、お互いの存在を感じあいながら共に暮らすことを望む人が増えているからだ。平屋には当然2階というものは存在しない。リビングや寝室、キッチン、バス・トイレなどがすべてワンフロアに集中しているため、家族がどこにいるのか感じやすいのが特徴だ。かつてのように子供たちが自室にこもって時間を過ごすということが減り、リビングで家族みんなが集まってそれぞれの時間を過ごすというライフスタイルを送る家族には、かえってワンフロアで完結する家の方が暮らしやすいと言える。

平屋住宅「casa piatto(カーサ・ピアット)」を選択する理由

ところが平屋を選択するのは意外に問題点も多い。第一に費用の問題だ。なぜ2階建て住宅が急速に広まっていったか、それは少ない土地でも床面積を確保できるからだ。延床40坪の家が欲しいとなったとき、平屋なら丸々40坪必要だが、2階建てなら半分で済む。家には駐車場や隣家との距離も必要であるから、実際にはこれ以上の土地が必要となるだろう。つまり、平屋にあれこれ希望を詰め込んでしまうと、予算をはるかにオーバーする家になってしまうのだ。

casa piattoの平屋住宅は20坪・25坪という、手の届きやすい予算で家が建てられるという魅力がある。20坪タイプであれば1400万円台から、25坪でも1000万円台の予算で建てることができる。土地を合わせて考えても、建売住宅と変わらない予算となってくるのではないだろうか。「平屋は高い」という概念を見事に打ち破ったのがcasa piattoの魅力ともいえる。

満足できる平屋かどうか

ただ単に建坪を減らしただけでは、暮らしやすい平屋とは言えない。狭いだけの家だからだ。casa piattoが選ばれる理由は、20坪・25坪という限られた大きさの中で、暮らしやすいよう計算されたプランを提供していることにある。例えば、LDKを中心とした正方形プランでは、家族各々の個室を確保しながら、LDKは3方向からの採光をとっている。長方形プランでは庭と一体化できるような間取りを実現して、開放感ある暮らしができるような工夫がされている。光や風が十分に入る間取りは、計算されているからこその平屋プランなのだ。

そして小さな家にこそ収納は必要だ。十分な収納がなければ、小さな家ではモノがあふれてしまい、快適な暮らしは望めないからだ。casa piattoでは家の総面積の15%を収納として確保している。そのためモノであふれる暮らしにはならない。カーサ・ピアットという名前のように、お皿の上に家がある、ワンプレートディッシュな暮らしが実現できるのだ。

「casa piatto(カーサ・ピアット)」で手に入れる快適な平屋暮らし

一般的に平屋を建てようとすると予算が高くなってしまう。これはいろいろなものを詰め込むことで、建坪が大きくなってしまうからだ。「casa piatto(カーサ・ピアット)」は、20坪・25坪という小さな平屋暮らしも提案している。十分な光や風を取り込み、家族の居住スペースや収納も確保しているプランは、予算を抑えつつ満足な暮らしも実現した計算しつくされた平屋なのだ。

 

北関東 初!

令和元年 11月 前橋に誕生!

構造見学会、完成見学会のご予約は

こちらへ

先ずは無料相談会へ

 

2019年08月30日 | カテゴリー:
シンクHOME
お問い合わせは今すぐ!0120-8564-49
お問い合わせフォームはこちら