リフォーム時期の目安 | 群馬で新築、平屋、注文住宅を建てるなら群馬、前橋のシンクホーム

シンクHOME
フリーダイヤル 0120-8564-49

リフォーム時期の目安

リフォーム時期の目安をお伝えしていきます。

家は住んでから
1年、2年と時間が経つうちに、
少しずつ傷んでいきます。

そこで、いつ、
どこから手をつけていけばいいか?
という目安にしてください。

1~2年目までは、水廻りや建具のチェックをしましょう!

1年目までは、
特に問題さえなければ大きな修繕は必要ないでしょう。

2年目以降は、水廻りのカビをチェックすることやトイレタンクの洗浄などを行いましょう。

2年目になってくると、
まず、内装部分のカビが気になる場合があります。

また、トイレタンクを洗浄し、
浄化槽を点検
してもらいましょう。

水周りや建具もそろそろ劣化してくる時期です。
水道蛇口のパッキンを交換したり、
障子紙やふすまを張り替えたりする時期
ですね。

小さいお子さんがいるご家庭でしたら、
すでに障子は張り替え済みかもしれませんが(笑)

以前の我が家では、
子どもが毎日のように障子を破くので、
ブロックごとに張り替えていました。

子どもが小さいうちは、
あまり神経質にならず、
破れた部分に紙をアップリケのように張ったりするのもいいかもしれません。
(気にならなければの話ですが・・・)

最近は、破れにくい障子紙があります。
それなりの金額はしますが、
張り替えのストレスに悩むくらいなら、
そういったものを利用する方がラクですね。

障子は、断熱や採光・調湿に優れていますが、
子どもの被害に遭いやすいのが玉にきずです(笑)。

お子さんがある程度成長するまでは、
リカバリーコストは安く抑え、
成長したらきれいにやり替えてしまうという考え方もあります。

逆に、お子さんの成長とともに支出も増えていくので、
早いうちにしっかりリフォームしておく、
という方法もありますね。

3~5年目は、外壁も気にかけてください。

環境、
外壁材、
施工不良により、
早い時期に、
ひび割れ・葺き替えの必要が生じるときがあります。

3~5年目以降は、外壁・屋根・外回りのチェックも行いましょう。

屋根の塗り替えも、
そろそろチェックする時期
です。

外回りに鉄の部分があったら、
サビも気になってきます。

内装部分は、
畳を替える時期です。
まずは裏返せば大丈夫です。

ですが、
あまり年数が経ち過ぎると、
裏返せなくなります。
適度な時期のメンテナンスが、
畳を長持ちさせるコツです。

じゅうたんも生活の汚れが、
掃除しても取りきれなくなってきた頃でしょう。
思い切ってクリーニングしましょう。

壁のクロスも、
破れたり、はがれたりしてきていませんか?

気になる部分は張り替えると、
雰囲気も一新されて良いですね。

5~10年目は気になる部分の点検を。

いよいよ劣化が目に見えて分かりやすくなってきます。

外壁・屋根も補修・塗替えの時期です。一度専門業者にチェックを依頼しましょう。

外壁のサイディングのすきまやサビ、
瓦のズレや割れなど、
一度業者に総点検してもらう
のもいいかもしれません。

内装部分の塗装壁は、塗り替えの時期です。

お風呂のバーナー、
エコキュートなどの故障がおきやすいのもこの時期
です。

10年を一区切りとし、点検してもらうのをおすすめします。

10~15年目は全体的に点検と対策を。

全般的に、
どの部分も総点検と対策の時期
です。

一晩お湯が使えないだけでも、
生活に支障を来たします。

早め早めの点検を心がけましょう。

もし、大規模なリフォームが必要となる場合には、
リフォームのローンをお考えください。
その時は、
無理のない返済プランを組みましょう。

そのためには、
普段からメンテナンス費用として、
少しずつ貯蓄しておきましょう。

急な出費を避けるためにも、メンテナンスの計画を立てておくといいですね。

人が年を取るのと同じく、
家も年を取ります。

適切なメンテナンスが必要不可欠なのです。
大切な住まいを守る準備をすすめておきましょう。

気になることがあれば、
先ずは無料相談会へ。

1969年から、この場所で、
皆様の生活のお手伝いをしてきた
シンクHOMEです。

シンクHOME
お問い合わせは今すぐ!0120-8564-49
お問い合わせフォームはこちら