家づくりで日本の山を守る | 群馬で新築、平屋、注文住宅を建てるなら群馬、前橋のシンクホーム

シンクHOME
フリーダイヤル 0120-8564-49

家づくりで日本の山を守る

Save the future
守るべき未来のために

家づくりで日本の山を守る(近くの山の木で家づくり)

日本は国土の67%、約2500万haの森林面積を持つ世界有数の森の国です。
ところが、日本の木造住宅で使われる木は、80%近くが輸入材です。

ドイツではおよそ百年間、全土で「森林再生」と「林業再生」が取り組まれ、
1000万ヘクタールの森をつくり直してきて、
「森を使って生かす」森林国となることができています。
「多様な森づくり」に取り組んで、針葉樹・広葉樹混合の、天然更新を重視する
大径木づくりが行なわれており、それが林業の効率的な経営につながっています。

養老委員会・提言
「石油に頼らず、森林(もり)に生かされる日本になるために」より抜粋

出典:住まいネット新聞「びお」/若者よ、半世紀をかけて住宅をつくろう!

サケが森をつくっていた。

サケは自らの身体で海の窒素「N15」を川へ運んで、
それがクマによって森へ運ばれ、森の栄養になっていたのです。

まさに、「森」と「川」と「海」がつらなり、
つながって生きていることを、
これが教えてくれています。

「森がなくなると海が死ぬ」といわれるように
森と海は川によって見えない絆で結びついているのです。

だからこそ、「命の森」溢れるような
豊かないのちが息づく森を大切にすることは、
つながりをもっている命全体を保全することになります。

割り箸の話ですが、
もともと日本使われる割り箸は端材や間伐材を生かしたもので、
むしろ森を守っていたのです。
が、国内の生産量はいまやわずか2%。
海外での割り箸製造は原木をまるまる使うもので、
海外の森を割り箸にして使い捨てているというのが現状です。

さらにお墓の卒塔婆も80%が輸入材なのです。

フォレスト・サポーターズ
住まいづくりで地域の種を守る

「お庭に一坪里山を」秋の七草で知られる
桔梗(ききょう)などは絶滅危惧種に指定されています。

自生種の樹木や草花が次々に「絶滅危惧種」に指定されるなかで、
家の庭で「種の保存」をはかる試みを進めています。

意識的に空地をつくり、そこに地域の植生を残す。

『樹』をそだて『里』をまもる私たちは小さな会社です。
私たちの家づくりだけでは、小さな力ですが、
それでもその小さな、運動、一人ひとりのわずかな気持ちの変化が、
次世代の子供たちへの大きな贈り物になるのではないでしょうか。

補助金最大100万円

「群馬の木で家づくり事業へ参加しています」
ぐんまの木を使うことがぐんまの森林を守ります。

詳しくは群馬県のページをご覧ください。

シンクHOME
お問い合わせは今すぐ!0120-8564-49
お問い合わせフォームはこちら

シンクHOMEの家づくり

小さく建てて大きく育てる家。

自然素材を基本に、
最高の快適を 「自由設計」で、オーナー様の個性を。
そしてなにより、小さく建てて大きく育てる、
家族の幸せも大きく広がる家づくりをご提案いたします。

なぜ安くて良い住宅なのか!!

当社の住宅が安くて良いのには理由があります。
それには大きく分けて3つの秘密が隠されています。

本物の自然素材

シンクのチョイスする素材は、時代に流されない本物の自然素材。
夏涼しく、冬暖かい、そして空気がきれい。
湿度がコントロールされた心地よい家。
無垢材とウールが快適な空間をつくり出します。

安全・安心の家を全力で実現します。

無垢材をふんだんに使った、安全設計はもちろん、
内装や塗料まで、こだわり抜いた素材で、
生涯安心の住まいをお届けします。

担当者がプランづくりから引き渡し・アフターまで

シンクHOMEでは原則、
一担当者(セールスエンジニア)がプラン作りから工事の打ち合わせ、
工事の現場監督として、商品の発注、工程の管理、現場のチェック、
工事の完了確認、お引渡し、アフターメンテナンスまで行います。

家づくりで日本の山を守る(近くの山の木で家づくり)

日本は国土の67%、約2500万haの森林面積を持つ世界有数の森の国です。
ところが、日本の木造住宅で使われる木は、80%近くが輸入材です。